• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

杵屋勘五郎の解説 - 小学館 大辞泉

長唄三味線方。

(3世)[1815ころ~1877]前名、11世六左衛門。通称、根岸の勘五郎。作曲にすぐれ、音曲の故実にも通じていた。「四季の山姥 (やまんば) 」「橋弁慶」などを作曲。
(5世)[1875~1917]12世六左衛門の次男。三味線の名手。「新曲浦島」「島の千歳」「多摩川」などを作曲。