松方正義の解説 - 小学館 大辞泉

[1835~1924]政治家。鹿児島の生まれ。正雄三郎の父。明治14年(1881)大蔵卿となり、紙幣整理などのデフレ政策を実施。蔵相・首相を歴任。日本銀行創設、金本位制度の実施など、財政制度の確立に寄与。

松方正義の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
薩摩国(現・鹿児島県)
生年月日
1835年2月25日 うお座
没年月日
1924年7月2日(享年89歳)

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉