• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

柴田南雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1916~1996]作曲家。東京の生まれ。雄次の子。東京芸大教授。二十世紀音楽研究所を設立、前衛音楽のリーダーとして活躍した。十二音技法の歌曲「朝の歌」の他、「コンソート‐オブ‐オーケストラ」「追分節 (おいわけぶし) 考」「ゆく河の流れは絶えずして」などの作品がある。平成4年(1992)文化功労者

柴田南雄の解説 - SOCKETS人物データベース

東京都生まれの作曲家、音楽評論家。東京帝国大学で植物学や美術史を学んだという経歴を持つ。入野義朗らとともに無調音楽の普及に努め、「追分節考」や交響曲「ゆく河の流れは絶えずして」などを作曲した。また、学術的な書籍から随筆に至るまで多数の著述も残している。1996年死去。
出生地
東京府東京市神田区駿河台袋町(現・東京都千代田区神田駿河台)
生年月日
1916年9月29日 てんびん座
没年月日
1996年2月2日(享年79歳)
別表記
Sibata Minao

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉

[美術・音楽/音楽家]カテゴリの言葉