• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

柴田是真の解説 - 小学館 大辞泉

[1807~1891]幕末から明治の漆芸家・日本画家。江戸の人。通称、順蔵。蒔絵 (まきえ) に新境地を示したほか、和紙の上に色漆で描く独自の漆絵を創始。作「茨木童子図額」など。