• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

柴田鳩翁の解説 - 小学館 大辞泉

[1783~1839]江戸後期の心学者。京都の人。名は亨。薩埵徳軒 (さったとくけん) に心学を学び、のち、失明の身で諸国を巡講した。その筆録書「鳩翁道話」は、心学道話の代表とされる。