• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桂庵玄樹の解説 - 小学館 大辞泉

[1427~1508]室町後期の臨済宗の僧。長門 (ながと) の人。別号、島陰。明に渡り、在明7年ののち帰国。薩摩 (さつま) の島津忠昌の帰依を受けて桂樹庵を開き、「大学章句」など朱熹の新注による四書を日本で初めて刊行し、薩南学派の祖とされる。著「桂庵和尚家法倭点」「島陰漁唱」など。