• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

桃源瑞仙の解説 - 小学館 大辞泉

[1430~1489]室町中期の臨済宗の僧。五山文学者。近江 (おうみ) の人。号は蕉雨・竹庵など。京都の相国寺に住した。著に「百衲襖」「史記抄」「三体詩抄」などの抄物がある。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉