• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

梁川星巌の解説 - 小学館 大辞泉

[1789~1858]江戸後期の漢詩人。美濃の人。名は孟緯。字 (あざな) は公図。江戸で古賀精里山本北山に学び、神田に玉池 (ぎょくち) 吟社を開いた。のち京都に住み、勤王の志士と交わって国事に奔走。妻紅蘭も漢詩人。著「星巌集」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉