• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

梅若万三郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1869~1946]能楽師。シテ方観世流。東京の生まれ。初世梅若実の長男。大正10年(1921)弟の梅若六郎(のちの2世実)らとともに観世流から分かれて梅若流を樹立したが、のち観世流に復帰。迫力ある演技で名人とされた。文化勲章受章。