• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

森戸辰男の解説 - 小学館 大辞泉

[1888~1984]社会学者。広島の生まれ。大正9年(1920)論文「クロポトキンの社会思想の研究」が危険思想の宣伝とされ投獄。第二次大戦後、日本社会党の結成に参画、片山・芦田両内閣の文相を務めた。のち、中央教育審議会会長。

[社会/社会関係の人物]カテゴリの言葉