植村正久の解説 - 小学館 大辞泉

[1858~1925]プロテスタント牧師・神学者・評論家。東京の生まれ。富士見町教会・東京神学社を創立し、牧師の育成と神学研究に尽力した。「福音新報」を創刊。正統派福音主義神学の中心的指導者。著「真理一斑」。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教の人物]カテゴリの言葉