• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

椿椿山の解説 - 小学館 大辞泉

[1801~1854]江戸後期の南画家。江戸の人。名は弼 (ひつ) 。別号、休庵・琢華堂など。初め金子金陵、のち渡辺崋山に学ぶ。画風は穏やかで、花鳥画・肖像画にすぐれた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉