榎本武揚の解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1836〜1908]政治家。通称釜次郎。江戸の人。オランダに留学。帰国後、幕府海軍奉行となる。戊辰 (ぼしん) 戦争では箱館の五稜郭 (ごりょうかく) にこもり、政府軍と交戦するが降伏。特赦され、北海道開拓使となる。のち、ロシアとの間で樺太 (からふと) ・千島交換条約締結文部外務などの各大臣を歴任
安部公房による長編小説。を主人公とする評伝風のフィクション。昭和40年(1965)刊行昭和42年(1967)に戯曲化、芥川比呂志の演出により劇団雲が初演し、第22回文化庁芸術祭賞を受賞した。

[文学]の言葉

[戦後の作品]の言葉

[日本史]の言葉

[明治時代以降の人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。