橋本左内の解説 - 小学館 大辞泉

[1834~1859]幕末の志士。福井藩士。名は弘道。号、景岳。緒方洪庵 (おがたこうあん) 杉田成卿 (すぎたせいけい) らに蘭学・医学を学び、藩主松平慶永 (まつだいらよしなが) に認められ、藩政改革に尽力。将軍継嗣問題では一橋慶喜 (ひとつばしよしのぶ) 擁立に尽力。安政の大獄で斬罪 (ざんざい) に処された。