• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

橋本進吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1882~1945]国語学者。福井の生まれ。日本語の歴史的研究に力をそそぎ、音韻史の分野では上代特殊仮名遣いを解明。また、室町時代末の音韻体系をキリシタン資料によって再構した。文法研究の分野では「文節」の概念を理論化し、その文法論は学校文法に採用され、影響力はきわめて大きい。著「国語学概論」「古代国語の音韻について」「吉利支丹教義の研究」「新文典別記」など。