• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

橘諸兄の解説 - 小学館 大辞泉

[684~757]奈良前期の官人・歌人。母は県犬養橘三千代 (あがたいぬかいのたちばなのみちよ) 光明皇后の異父兄。初め葛城 (かつらぎ) 王。のち、臣籍に降り、橘宿禰 (すくね) 諸兄と改めた。藤原不比等の四子が病没したのち右大臣・左大臣に昇り、政権を握ったが、藤原仲麻呂の台頭後は振るわなかった。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉