• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

武田耕雲斎の解説 - 小学館 大辞泉

[1803~1865]江戸末期の勤王家。水戸藩士。名は正生。徳川斉昭 (とくがわなりあき) に仕え、家老。尊攘派の筑波山挙兵を助け、天狗 (てんぐ) 党の首領となり、同志を率いて上洛の途中、加賀藩に降伏。敦賀 (つるが) で斬首された。→筑波山事件