• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

武田麟太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1904~1946]小説家。大阪の生まれ。新感覚派的手法による小説「暴力」でプロレタリア文学の作家として出発、のち市井 (しせい) の庶民の生態を描いた「日本三文オペラ」などを発表。雑誌「人民文庫」を主宰。ほかに「銀座八丁」「一の酉 (とり) 」「井原西鶴」など。

武田麟太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
大阪府
生年月日
1904年5月9日 おうし座
没年月日
1946年3月31日(享年41歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉