水戸黄門の解説 - 小学館 大辞泉

《中納言(唐名が黄門)であったところから》徳川光圀 (とくがわみつくに) の通称。
村上元三の歴史小説。の生涯を描く。昭和32年(1957)から昭和37年(1962)にかけて、4部8巻を刊行。

出典:青空文庫

出典:gooニュース

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉