• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

永楽帝の解説 - 小学館 大辞泉

[1360~1424]中国、の第3代皇帝。在位1402~1424。太祖の第4子。名は朱棣 (しゅてい) 。靖難 (せいなん) の変を起こして即位。諸王を抑え君主権を強化し、宦官 (かんがん) を重用。のち南京 (ナンキン) から北京 (ペキン) に遷都。対外的には積極策をとり、他国からの朝貢も盛んだった。また、「永楽大典」「四書大全」などの編纂 (へんさん) を命じた。太宗。成祖。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉