• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

永田徳本の解説 - 小学館 大辞泉

[1513?~1630?]戦国時代から江戸初期の医者。三河の人といわれる。号、知足斎。各地を流浪したが、比較的長く甲斐の武田信虎に仕えた。著「医之弁」など。長田徳本。