• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

池西言水の解説 - 小学館 大辞泉

[1650~1722]江戸中期の俳人。奈良の人。本名は則好。松江重頼 (まつえしげより) の門人。自撰句集に「初心もと柏」がある。「木枯 (こがらし) の果 (はて) はありけり海の音」の句によって、世に「木枯の言水」と呼ばれた。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉