• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

沢庵宗彭の解説 - 小学館 大辞泉

[1573~1646]江戸初期の臨済宗の僧。但馬 (たじま) の人。一凍紹滴の法を継ぎ、大徳寺の住持となる。寛永6年(1629)紫衣事件で出羽に流され、のち赦免。徳川家光建立の東海寺の開山となる。著「不動智神妙録」など。