• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

沢田瞳子の解説 - 小学館 大辞泉

[1977~ ]小説家。京都の生まれ。ふじ子の子。平成22年(2010)、奈良時代を舞台にした小説「孤鷹 (こよう) の天」で作家デビュー。その後も時代小説や歴史小説を中心に執筆、令和3年(2021)「星落ちて、なお」で第165回直木賞を受賞した。

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉