• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

河内山宗春の解説 - 小学館 大辞泉

[1781~1823]江戸後期の幕府の茶坊主。奥坊主組頭の河内山宗久の子という。遊侠の仲間に入り、松江侯・水戸侯をゆすり、捕らえられて牢死。2世松林伯円の講談「天保六花撰」のほか、河竹黙阿弥の歌舞伎狂言「天衣紛上野初花」に河内山宗俊として登場。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉