河口慧海の解説 - 小学館 大辞泉

[1866~1945]仏教学者・探検家。大阪の生まれ。仏教の原典研究を志し、鎖国状態のチベットに二度入国。多数の仏典を持ち帰り、仏教学の発展に寄与。著「西蔵 (チベット) 旅行記」など。