• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

津田助広の解説 - 小学館 大辞泉

江戸前期の刀工。

  1. (初世)播磨 (はりま) の人。通称、弥兵衛。世に「そぼろ助広」とよばれた。生没年未詳。

  1. (2世)[1637~1682]摂津の人。通称、甚之丞。初世の養子。越前守と称し、井上真改と並ぶ名工。大坂新刀の第一人者で、濤瀾刃 (とうらんば) とよばれる独特の刃文 (はもん) を創始した。