津田左右吉の解説 - 小学館 大辞泉

[1873~1961]歴史学者。岐阜の生まれ。文献批判に基づき、記紀の神話が客観的史実でないことを論証し、日本古代史の科学的研究を開拓した。のち、この上代研究が右翼思想家から告発され、昭和15年(1940)代表著作4点が発禁、ついで出版法違反で起訴され、早大教授を辞職した。著「神代史の研究」「古事記及日本書紀の研究」など。