洪秀全の解説 - 小学館 大辞泉

[1814~1864]中国末、太平天国の最高指導者。花県(広東 (カントン) 省)の人。自らをエホバの子であるとして、上帝会を組織。1851年、挙兵して自ら天王と称し、国名を太平天国とした。南京を攻略して都としたが、内紛を起こして清軍に敗れ、南京陥落直前に病死。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教の人物]カテゴリの言葉

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉