浅井忠の解説 - 小学館 大辞泉

[1856~1907]洋画家。江戸の生まれ。フォンタネージに師事。明治美術会を創立。褐色を主調とした穏和な写実主義の作風を示す。フランス留学から帰国後は京都に住み、後進の指導に尽力。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉