• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浦上玉堂の解説 - 小学館 大辞泉

[1745~1820]江戸中期の南画家。姓は紀、名は弼 (たすく) 。字 (あざな) は君輔。備前池田家の支藩鴨方 (かもがた) 家に仕えたが、江戸に出て、詩や琴、絵を学ぶ。のちに脱藩して、各地を遊歴した。画は深い自然観をたたえ、濃淡交えた繊細な渇筆を駆使した山水画に独自の境地を開いた。