• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

海北友松の解説 - 小学館 大辞泉

[1533~1615]安土桃山時代の画家。海北派の祖。近江 (おうみ) の人。初め狩野派を学び、梁楷 (りょうかい) などの宋元水墨画風に傾倒し、独自の気迫と情感に富む画風を完成させた。作品に建仁 (けんにん) 寺本坊方丈の「山水図」など。