• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

海老原喜之助の解説 - 小学館 大辞泉

[1904~1970]洋画家。鹿児島の生まれ。川端画学校で学んだのち、渡仏して藤田嗣治に師事。帰国後、独立美術協会展に出品した「曲馬」などが代表作。骨太い造形性を備えた斬新な作風で、国際的に活躍した。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉