• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

海音寺潮五郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1901~1977]小説家。鹿児島の生まれ。本名、末富東作 (すえとみとうさく) 。虚構を排した歴史小説作家の第一人者として史伝文学の復興に貢献した。「天正女合戦」「武道伝来記」で直木賞受賞。他に「西郷隆盛」「平将門」「天と地と」など。

海音寺潮五郎の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
鹿児島県伊佐郡大口村(現・伊佐市)
生年月日
1901年11月5日 さそり座
没年月日
1977年12月1日(享年76歳)
別表記
末富 東作

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉