• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

淀屋辰五郎の解説 - 小学館 大辞泉

江戸中期の大坂の豪商。宝永2年(1705)町人の分限を越えたぜいたくのため、所払いの刑を受けたという。浄瑠璃・歌舞伎などに脚色されている。生没年未詳。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉