• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

清元延寿太夫の解説 - 小学館 大辞泉

清元節の家元。

(初世)[1777~1825]江戸の人。初名、2世富本斎宮 (いつき) 太夫。富本節から分かれて清元節を創始。のち延寿斎と改名。
(2世)[1802~1855]初世の子。美声の持ち主で名人太兵衛といわれ、清元節の基礎を確立。
(5世)[1862~1943]4世の養子。清元節の語り口を上品にし、社会的地位の向上に努めた。

清元延寿太夫の解説 - SOCKETS人物データベース

役者・俳優
出生地
東京都港区高輪
生年月日
1958年8月12日(61歳) しし座
別表記
しちせい きよもと えんじゅ だゆう 七世 清元 延寿 太夫 七世 清元 延壽 太夫
役者・俳優
出生地
東京都墨田区本所
生年月日
1862年9月6日 おとめ座
没年月日
1943年5月22日(享年80歳)
別表記
清元延寿太夫 (5代目)