• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

清原家衡の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1087]平安後期の武将。武則の孫。出羽の人。前九年の役後、奥羽の支配を独占した清原氏の宗家争いで、異父兄の清衡とともに異母兄の真衡 (さねひら) と戦った。真衡の死後、清衡・源義家の軍に攻められ、金沢の柵で戦死。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉