清少納言の解説 - 小学館 大辞泉

平安中期の女流文学者。本名未詳。父は清原元輔 (きよはらのもとすけ) 、曽祖父は深養父 (ふかやぶ) 。正暦4年(993)ごろから一条天皇の中宮定子に仕え、和漢の学才をもって寵を受けた。随筆「枕草子」、家集「清少納言集」など。生没年未詳。

出典:青空文庫