渋沢栄一の解説 - 小学館 大辞泉

[1840~1931]実業家。埼玉の生まれ。一橋家に仕えて幕臣となり、パリ万国博覧会幕府使節団に加わって渡欧。維新後、大蔵省官吏を経て第一国立銀行を設立。各種の会社の設立に参画し、実業界の指導的役割を果たした。

渋沢栄一の解説 - SOCKETS人物データベース

実業家
出生地
武蔵国榛沢郡血洗島村(現・埼玉県深谷市血洗島)
生年月日
1840年3月16日 うお座
没年月日
1931年11月11日(享年91歳)
別表記
日本資本主義の父

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース