• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

渡辺崋山の解説 - 小学館 大辞泉

[1793~1841]江戸後期の蘭学者・画家。名は定静 (さだやす) 。通称、登。別号、寓絵堂 (ぐうかいどう) 。三河田原藩の家老で、海防掛を兼ねた。佐藤一斎に儒学を、谷文晁 (たにぶんちょう) 南画を学び、のち西洋画の技法を取り入れて写実的画風を確立。特に肖像画にすぐれた。「慎機論」を著し、幕政を批判したため蛮社の獄に連座して自刃。