源俊頼の解説 - 小学館 大辞泉

[1055~1129]平安後期の歌人。経信の子。俊恵 (しゅんえ) の父。自由清新な和歌によって高く評価され、保守派の藤原基俊と対立した。金葉集を撰進。家集「散木奇歌集」、歌学書「俊頼髄脳」。

出典:青空文庫