源信の解説 - 小学館 大辞泉

[810~869]平安前期の公卿。嵯峨天皇の皇子。通称、北辺 (きたのべ) 左大臣。源の姓を賜り、臣籍に降下。応天門の変で嫌疑を受けたが難を免れた。

出典:青空文庫