• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

源師房の解説 - 小学館 大辞泉

[1008?~1077]平安中期の公卿。村上天皇の皇子具平 (ともひら) 親王の子。源の姓を賜り、臣籍に降下。村上源氏の祖。土御門 (つちみかど) 右大臣と称された。のち太政大臣となったが、即日死去。詩文・和歌に長じた。著「叙位除目抄」、日記「土右記」。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉