源経基の解説 - 小学館 大辞泉

[?~961]平安中期の武将。清和天皇の皇子貞純親王の長子。六孫王と称された。藤原純友の乱鎮定に際し、小野好古に従って活躍。源の姓を賜って臣籍に降下、清和源氏の祖となった。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉