源頼政の解説 - 小学館 大辞泉

[1104~1180]平安末期の武将。通称、源三位 (げんさんみ) 入道。白河法皇後白河天皇に仕え、保元平治の乱に功をあげた。のち、以仁王 (もちひとおう) と平氏追討を企てたが、事前に発覚して宇治平等院で自殺。和歌に長じ、家集に「源三位頼政卿集」がある。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉