• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滋野貞主の解説 - 小学館 大辞泉

[785~852]平安初期の学者。文章生 (もんじょうしょう) に及第し、累進して参議となり、勅命を奉じて「秘府略」「経国集」の撰定に参加した。