• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滝井孝作の解説 - 小学館 大辞泉

[1894~1984]小説家・俳人。岐阜の生まれ。俳号、折柴 (せっさい) 。初め河東碧梧桐 (かわひがしへきごとう) に師事。のち長編小説「無限抱擁」で、独特の私小説作家として知られるようになった。句集「折柴句集」、小説「良人の貞操」「俳人仲間」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉