• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

滝廉太郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1879~1903]作曲家。東京の生まれ。ドイツに留学。日本の洋楽揺籃 (ようらん) 期にすぐれた才能を示した。代表作「荒城の月」「箱根八里」「鳩ぽっぽ」、ほかに歌曲「四季」など。

滝廉太郎の解説 - SOCKETS人物データベース

日本の近代音楽の祖。明治時代に作曲家として活躍、「花」や「荒城の月」、「鳩ぽっぽ」など、現在も歌い継がれる名曲を数々残した。
出生地
東京都芝南佐久間町(現・港区西新橋)
生年月日
1879年8月24日 おとめ座
没年月日
1903年6月29日(享年23歳)
別表記
瀧廉太郎