• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

瀬川菊之丞の解説 - 小学館 大辞泉

歌舞伎俳優。屋号、浜村屋。俳名、路考。

(初世)[1693~1749]初め京坂、のち江戸でも活躍した女方の名人。初世芳沢あやめとともに女方芸の基礎を築いた。浜村屋路考。
(2世)[1741~1773]初世の養子。宝暦・明和(1751~1772)ごろ、江戸で若女方として人気を博した。王子路考。
(3世)[1751~1810]2世の養子。天明・寛政(1781~1801)ごろ、江戸で活躍した名女方。仙女路考。
(5世)[1802~1832]3世の孫。文化・文政(1804~1830)ごろ、江戸で女方として活躍。多門路考。
(6世)[1907~1976]瀬川久次郎の養子となり瀬川家を再興。前進座に属し、女方・二枚目から実悪・老け役まで広い芸域をこなした。

瀬川菊之丞の解説 - SOCKETS人物データベース

1978年、『奥州白石噺』で初舞台に立ち、85年に『巷談小夜きぬた』の新吉役で文化庁芸術祭賞を受賞し、96年に『左の腕』の松葉屋女主人おあさ役で京都十三夜会賞を受賞。01年、『寺子屋』の千代役で七代目瀬川菊之丞を襲名し、立役と女形を兼ねて活動している。
出生地
大阪府
生年月日
1957年2月15日(64歳) みずがめ座
別表記
瀬川菊之丞 七代目 瀬川 菊之丞

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃の演者・作家]カテゴリの言葉