• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

瀬戸内寂聴の解説 - 小学館 大辞泉

[1922~ ]小説家。徳島の生まれ。旧名、晴美。女性の愛と性を描いた伝記・私小説を執筆。作品に「夏の終り」「かの子撩乱」「美は乱調にあり」「花に問え」「場所」など。昭和48年(1973)天台宗で得度。平成18年(2006)文化勲章受章。

瀬戸内寂聴の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
徳島県徳島市塀裏町
生年月日
1922年5月15日(97歳) おうし座
別表記
瀬戸内晴美 三谷晴美

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース